上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます。

岐阜市敷島町の杉山接骨院 杉山です。

また杉山通信ネタです。

何度も言いますが、ネタが無い訳じゃありませんからね☆




ホルモンの分泌の話をしますね。


筋トレにより様々なホルモンの分泌量が増加します。

特に著明なのが成長ホルモンです。

普通、成長ホルモンは就寝後に分泌されるのですが、下の図でトレーニング後、成長ホルモンの分泌が高まることがわかりますね。

ホルモン

そもそも、ホルモンの効果って何?といいますと。

・筋肉量、骨量の増殖を進める → 筋力アップ・骨粗鬆症の防止に繋がります。

・細胞分裂の促進。すなわち、新陳代謝を高める → お肌の再生・アンチエイジング効果。

・脂肪分解作用 → 脂肪分解は脂肪燃焼しやすくし、ダイエット効率UP。

のような効果が見込めるんですね。

また、その他のホルモンも分泌されます。

・インスリン : 糖代謝に関わるホルモンです。多く分泌されると血中の糖がカラダの各組織へと取り込まれます。高血糖気味の人が筋トレをすれば数値は下がり、生活習慣病の予防にも繋がります。

・テストステロン(男性) : いわゆる、男性ホルモンです。これが多く分泌されることで筋肉は成長し、体格はより男らしくなる。気持ちにも影響を及ぼし「生きる活力」「生気」「気持ちの張り」といった、バイタリティを高める作用があると言われています。

トレーニングを長く続けられれば効果はさらにアップしていきます。

また、一度3ヶ月筋トレすると筋肉がトレーニングの刺激を覚えています。

一度辞めてもトレーニングを再開した時に効率よく効果が出ます。健康・カラダの為にも、無理なく継続的に行う事をオススメですね。


以上、ホルモンのお話でした。

今日は小学校の同窓会があり、明日は友人の結婚式です。

受付も頑張ります☆





















Thoughts on スポンサーサイト杉山通信 ホルモン編

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。